【大損注意】外壁ひび割れ補修費用を激安にする6つの方法!放置危険

外壁ひび割れ補修工事激安法

外壁ひび割れ補修費用は驚くほど高額です!!

 

外壁のひび割れが表面だけなのか、亀裂が悪化し内部の柱や土台に雨がしみこみ腐敗していて外壁の表面だけでなく家全体を補修する必要があるのか?によって外壁ひび割れ補修費用は大きく異なります。

 

実は、外壁のひび割れを長いこと放置していると雨がしみこみ柱や土台が腐敗して、ひどい場合は家が傾き崩壊または半壊する可能性が高く

 

補修費用も一般的な相場費用よりも数十倍も高くつく可能性があるので外壁のひび割れは放置せずに早めに補修をしましょう。

 

外壁ひび割れ補修費用の金額は緊急度によって大きく異なりますが一般的な外壁ひび割れ補修の相場費用をご紹介します。

 

【外壁ひび割れ補修の相場費用】
 

*リショップナビ引用

 

 

円グラフからもわかるように 外壁ひび割れ補修費用は50万円未満が33%、51~100万円までが23%を占めていて、外壁ひび割れ補修費用が高額なのがわかります。

 

外壁ひび割れ補修費用の相場がわかったところで多くの人が思うのが「外壁ひび割れ補修費用を安くできないかな?」ですよね。

 

 

外壁ひび割れ補修費用を相場より激安にする6つの方法を知ると外壁ひび割れ補修費用が相場価格より

 

数十万円も安くすることができるかもしれません!!

 

「外壁ひび割れ補修費用」を相場より激安にする6つの方法!

【激安法①】外壁ひび割れ補修費用の予算を決める!

介護会リフォーム玄関の費用を相場より安くするコツ

 

外壁ひび割れ補修をやろうと思いリフォーム業者とプランを決める前に必ず予算を決めておきましょう。

 

リフォーム業者と外壁ひび割れ補修について話をしていると見栄えを良くするために高額な外壁塗料を使用しようとしてしまったり

 

後10年住んだら家を売りに出す予定なのに約20年も耐用年数が高いフッ素系塗料や光触媒塗料の外壁塗料を使って外壁リフォームをしようとしてしまったりすることがあります。

 

自分たちの予算内でどの程度まで外壁ひび割れ補修が必要なのかを外壁ひび割れ補修業者にしっかりと伝えることで

 

余分なお金を追加で払わずに予算内に外壁リフォーム代が収まります。

 

必ず外壁ひび割れ補修業者には最初に「予算は○○円なので、この金額内で最善の外壁のひび割れ補修をお願いします。」としっかり伝えておきましょう!!

 

【激安法②】外壁ひび割れ補修の優先順位を決める!

 

外壁ひび割れ補修の予算を明確にすることで必然とどこまで補修ができるかがわかるので外壁ひび割れ補修をする内容の優先順位を決めます。

 

優先順位を決めると、これだけは譲れないけど、これは予算的に厳しいから材料やグレードを落そうなどと妥協することができます。

 

例えば・・・

・外壁のひび割れがひどく土台が腐敗しているから土台補修は必須

・見栄えが良くなる高価な外壁塗料ではなくワンランクグレードを下げた塗料に変更

・長く住む予定がないのであれば最低限の外壁ひび割れ補修に変更

など

 

【激安法③】外壁の塗料は高いものを選ぼう!

 

外壁のひび割れ補修を行う際にまとめて外壁塗装や屋根塗装を行う人が圧倒的に多く、もし外壁ひび割れ補修と一緒に外壁塗装や屋根塗装も行う場合は

 

「外壁の塗料は高いものを選びましょう。」

 

「はい?????何言ってるの?」

 

「外壁ひび割れ補修費用をを少しでも安くしたいと言ってるのに何で逆のことを言うわけ?」と思った方が大半だと思うので

 

外壁塗装で使用する塗料の種類・耐用年数・相場費用・1年あたりに換算しなおした外壁塗装の相場費用を表にしたのでご覧ください。

 

外壁塗料の種類 耐用年数 外壁塗装のみの相場費用 1年あたりの外壁塗装相場費用
アクリル系塗料 4年 682,500円 170,625円
ウレタン系塗料 6年 724,500円 120,750円
シリコン系塗料 13年 777,000円 59,769円
フッ素系塗料 18年 903,000円 50,166円
光触媒塗料 20年 1,081,500円 54,075円

 

表を見てもらえれば一目瞭然ですが、耐用年数が短いアクリル系塗料やウレタン系塗料を使用した場合は4~6年後にもう一度外壁塗装を行わなくてはいけなくなるのでトータル費用で考えると高額になります。

 

もし予算に余裕があるのであれば、最初から質の良い外壁塗料で外壁をリフォームしトータルコストを抑えることをおすすめします。

 

高い塗料はただ値段が高いだけではなく耐久性がよく、見た目の外観も美しく、紫外線などにも強いため劣化速度が遅くなります。

 

したがって、外壁の塗り替えの回数が少なくなりトータル的に数十万円以上の金額の開きが出ます。

 

外壁の塗料はただ安ければいいわけではありません。

 

とはいっても、一番高額で質の良い塗料を今すぐ払えないという方もいると思うのでいくらなら外壁塗料にお金をかけられるのか?

 

小さい子供がいて後20年以上はこの家に住み続けたいという方と子供が巣立ったので後8年この家に住めればいいという方では外壁塗装にかける金額は異なると思うので

 

家をいつまで長く持たせたいのか?などを明確に決めておくと外壁塗料の種類や料金を迷うことなく決めることができます。

 

【激安法④】外壁ひび割れ補修は外壁・屋根リフォーム・雨どい修理と一緒にやるとお得!

屋根塗装相場費用安くするコツ

 

外壁ひび割れ補修をやろうと思った時というのは大抵外壁藻屋根も雨どいもボロボロになっています。

 

実際に外壁ひび割れ補修をやる方の多くは外壁リフォームと屋根リフォーム、雨どい修理をセットで行っています。

 

外壁・屋根リフォームと雨どい修理をセットで行うメリット

外壁ひび割れ補修も外壁・屋根リフォームも雨どい修理も足場の組む場所はほとんど一緒なのでセットで行うことで足場1~2回分の費用が安くなります!!

 

また、高圧洗浄や塗り工程(下塗り・中塗り・上塗り)をまとめて行うので割安になる可能性もあります。

 

外壁+屋根リフォーム+雨どい修理がセットの場合
外壁+屋根リフォーム+雨どい修理が別々の場合
この分がお得!!
仮設足場(屋根+雨どい)
仮設足場(屋根・外壁・雨どい)
仮設足場(外壁)
下地調整(洗浄・養生)
下地調整(洗浄・養生)
下・中・上塗り
下・中・上塗り

 

補足!

雨どいの修理の際の足場は1階だけの周りが崖などの高台などではない場合は、足場の費用が不要な場合がありますが2階は足場が必要です。

 

【激安法⑤】外壁ひび割れ補修は大手ハウスメーカー工務店に頼むのはNG!

屋根塗装相場費用安くするコツ

 

外壁ひび割れ補修をしようと思うと多くの人が家を建てた時のハウスメーカーや工務店に連絡をし相談をします。

 

外壁ひび割れ補修の相談をするとハウスメーカーや工務店は外壁ひび割れ補修の専門業者を手配してくれるのでとても楽チンですが・・・

 

実はココに外壁ひび割れ補修の料金が高くなるカラクリがあります。

 

中間マージンが20~30%発生するので、実際に支払う金額よりも高く支払う羽目になります。

 

どういうことかというと外壁ひび割れ補修費用が50万円の場合中間マージンが20%だと60万円、30%とだと65万円になります。

 

屋根塗装相場費用を安くするコツ

 

こうならないためにも外壁ひび割れ補修の実績がある優良業者に直接依頼しましょう。

 

【激安法⑥】外壁ひび割れ補修の実績のある優良業者を複数比較する

屋根塗装相場費用を安くするコツ

外壁ひび割れ補修業者は悪徳業者が多いので要注意!

外壁ひび割れ補修を大手のハウスメーカーや工務店に頼むと損をするということは理解できたと思いますがその後も要注意が必要です。

 

外壁ひび割れ補修業者は全国で数十万社あり、地元密着型の外壁ひび割れ補修業者だけでも最低20~50社ぐらいいます。

 

外壁ひび割れ補修工事をしたら悪徳業者だったという相談が消費者センターに年間何千と殺到しています。

 

泣き寝入りをしないためにも外壁ひび割れ補修工事は複数の優良業者から見積もりを取ることをおすすめします。

 

「外壁ひび割れ補修の見積もり金額が1番安いところを選んでください。」と言いたいところですが

 

悪徳業者の場合質が悪くて安い材料を質の高い材料と偽装して見積もり代を高く設定したり

 

塗料を薄めて使用したり、本来塗り工程(下塗り・中塗り・上塗り)が3回のところを2回にしたりすることもあるので注意が必要です。

 

複数の外壁ひび割れ補修業者に見積もりを出してもらった時にどんな材料や塗料を使用するのか?

 

外壁のひび割れ補修だけでなく、外壁や屋根の塗り替え、雨どいも修理費用も含まれているのか?など同じ条件で比較し値段だけでなく総合的に良い優良業者を選んでください。

 

とは言っても、自力で1社1社電話をして優良業者かどうか調べて複数の外壁ひび割れ補修業者を比較するのは専門の知識がある方やもともと同業者で働いていた方ではないと無理です。

 

少しでも安く悪徳業者ではなく良心的な優良業者で外壁ひび割れ補修を依頼するには信頼のおける業者を複数一括無料見積もりができるサイトで検索しましょう。

 

「外壁ひび割れ補修費用」を激安にするには業者を複数比較するのが鉄則!

一定の条件をクリアした優良業者のみを取り扱っていて、万が一外壁ひび割れ補修の工事ミスがあった場合も再工事費用をカバーする

 

「安心リフォーム保証制度」があって簡単に一括で複数の外壁ひび割れ補修の優良業者を比較することができるリショップナビ見積もりがおすすめです。

 

 

 

【リショップナビ】は簡単3ステップです。

 

 

 

①見積もり依頼(30秒で簡単に見積もりができます。)
コンシェルジュがあなたにぴったりの外壁ひび割れ補修業者を最大5社ピックアップ
③最安値の優良業者をピックアップ

 

【リショップナビ】ならわざわざ1軒ずつ外壁ひび割れ補修業者に電話しなくてもあなたに合った優良業者を最大5社までピックアップしてくれるので助かります。

 

複数の外壁ひび割れ補修業者を比較することができるので

 

外壁ひび割れ補修の相場費用よりも 最大50%もお得になる場合もあります。

 

 

主婦にとっても嬉しい㊙情報があります。

 

屋根塗装相場費用安くするコツ

 

【リショップナビ】経由で外壁ひび割れ補修を依頼するとなんとAmazonのギフト券が最大で30,000円分でもらえます!!

 

リフォームお祝いキャンペーンなどで頂けるクーポンやギフト券って1,000円分や3,000円分など生活の足しになる金額設定が大半ですが

 

【リショップナビ】は最大30,000円分なので約30,000円のお掃除ロボットルンバが買えちゃう値段です!!

 

 

少しでも安く外壁ひび割れ補修の優良業者に依頼したい方には複数の業者を比較することができる【リショップナビ】はおすすめです。

 

\\完全無料!たったの30秒!//
厳しい審査をクリアした優良業者

【リショップナビ】の外壁補修工事の実例

 

 

 

 

 

【リショップナビ】で外壁リフォームを実際に利用した人の口コミ

 

 

【リショップナビ】はこんな方におすすめ!

屋根塗装の費用を相場より安くするコツ

 

・外壁ひび割れ補修費用がいくらかかるのか知りたい

・なるべく安く費用を抑えたい

・初めてなので業者の探し方がわからない

・複数の業者を比較したい

・悪徳業者ではなく優良業者にお願いしたい

 

 

約30秒で簡単登録ができ、最大5社の優良業者をコンシェルジュが選んでくれるので自分に合った外壁ひび割れ補修業者をじっくりと比較することができます。

 

万が一工事が失敗しても「安心リフォーム保証」がついてるから安心して頼むことができます。

 

最大50%もお得になることもあるので、自分の家の外壁ひび割れ補修費用がいくらぐらいかかるのか気になる方は【リショップナビ】でどのぐらいの料金でできるのか確認してください。

 

外壁ひび割れ補修を先延ばしにすると外壁のひび割れから雨が浸透して家の柱や土台を腐敗させ家が傾き半壊や全壊していしまうことがあるので外壁のひび割れを軽視せずに早めに補修工事をしましょう。

 

また、屋根塗装も一緒に行う場合、屋根の塗装代とは別に屋根の下にある防水シート(ルーフィング)や野地板(屋根の下に貼られている板)が腐食して家を劣化させている場合があります。

 

その場合は、屋根の塗装ではもうメンテナンスができないので屋根全体のリフォーム(葺き替え)を行わなくてはいけなくなり、高額にになるので屋根の塗装も検討している場合は5~10年ごと塗装をすることをおすすめします。

 

\\最大50%OFF//
入力はたったの30秒